婚活いろは たしなみ講座

食事・お酒のたしなみ

アルコールの席でのマナー(男性編)

食事を伴うイベントではお酒が用意されている場合もあります。お酒はうまく使えば、リラックスして話ができる強い味方。スマートな大人の姿を演出しましょう。

アルコールの席でのマナー(男性編)ポイントは

  • 限度を知っておく
  • スマートな勧め方を心得ておく
  • ハメを外さない

自分のお酒の強さを知っておきましょう

緊張からつい飲み過ぎてしまう人もいるようです。ビールが何杯くらいのときに程よく理性を保ったまま陽気になれるか、おさえておくと良いでしょう。グラス1杯程度が限界の人は、婚活パーティーでは飲まないほうが上手に自己アピールしやすいかもしれません。

女性へのスマートなお酒の勧め方

強引にお酒を勧める人は敬遠されますが、本人は親切のつもりだったりするから困るものです。スマートな勧め方を心得ておきましょう。「一人で飲んでもつまらないから、あなたも1杯どうですか?」など、紳士的に言えれば相手の心も和らぐでしょう。

気をつけたいのは踏み込みすぎること。体調が悪かったり、もともと飲めない体質だったりすることもあるので、断られたらしつこくしないようにしましょう。「酔ったら介抱してあげるよ」という言葉は、恋人ならまだしも、まだよく知らない相手に言われたいものではありません。

お酌をする際のちょっとしたマナー

グラスが空いていたら「お注ぎしましょうか」や「何か飲まれますか?」などと声をかけると、気遣い力をアピールできます。お酌をする際はいくつかポイントを押さえておくと良いでしょう。

ビールのお酌

瓶の中ほどを右手で持って、左手を軽く添え、瓶のラベルが上に来るように持ちます。手の甲が上に来るように注意してください。左手で瓶を持って右手を添えるのは「逆手の逆注ぎ」と言い、刀で相手を切る時と同じ意味合いがあるとしてマナー違反とされています。

日本酒の場合

お調子は右手で持って左手を添えます。注ぎ口のないお調子は絵柄を上にしましょう。
盃に入れるのは八分目程度。注いでいただくときは、盃を手に持ちます。置いたまま注ぐのは「置き注ぎ」というマナー違反になります。

ワインの場合

一般的にはワインを注ぐのは男性の役割とされますが、カジュアルなお店ではお互いに注ぎ合うのも良いでしょう。注いでもらうときは、グラスはテーブルに置いたままにします。手を添える必要がもありません。

一般常識に基づいた行動を

飲みだすと止まらなくなり、お酒の席で意図せぬ失態をしてしまう人もいます。友達の間であれば許されることであっても、婚活では敬遠される材料でしかありません。酔ってくだを巻いたり、服を脱いだりするのは厳禁。料理や会話を楽しみながら、節度のある楽しみ方をしましょう。婚活を期に、大人としてスマートなお酒を楽しむよう心がけてみても良いかもしれませんね。

婚活いろは たしなみ講座

イベントカレンダー

・・・イベント集中DAY(複数件)

・・・イベントがある日

イベント一覧を開く

はじめての方へ

初めての方も安心して参加できる秘訣 教えます!

詳細を見る

婚活レポート

レポートも随時公開予定!

レポートも随時公開予定!

今後レポートも公開予定です!お楽しみに♪

このレポートを読む

ライフプランニング応援サイト