婚活いろは たしなみ講座

食事・お酒のたしなみ

アルコールの席でのマナー(女性編)

食事を伴うイベントではお酒が用意されている場合もあります。お酒はうまく使えば、リラックスして話ができる強い味方。スマートな大人の姿を演出しましょう。

アルコールの席でのマナー(女性編)ポイントは

  • 限度を知っておく
  • スマートな断り方を覚えておこう
  • お酌の仕方・受け方をおさえておこう

自分のお酒の強さを知っておきましょう

緊張からつい飲み過ぎてしまう人もいるようです。ビールが何杯くらいのときに程よく理性を保ったまま陽気になれるか、おさえておくと良いでしょう。グラス1杯程度が限界の人は、婚活パーティーでは飲まないほうが上手に自己アピールしやすいかもしれません。

強引にお酒を勧められたら

中には良かれと思って、少し強引にお酒を勧めてくる方もいるかもしれません。そんなときには、スマートな断り文句を覚えておくと向こうもそれ以上食い下がってこないもの。

スマートな断り方

  • 飲めない人は、カクテルと同じ色のソフトドリンクを手にしておくと誘われることが減ります。
  • 「お酒が弱いほうなので、ゆっくりと美味しくいただいています」と濁す
  • 「本日は会話を楽しみたいので、遠慮させていただきます」ときっぱり言う

ただし、おもてなしや「美味しいから」という理由で勧めてくださる方もいます。断るときも「ありがとうございます」の一言を添えるのがエチケットと言えるでしょう。お酒のペースは自分でしっかりコントロールして、有意義なパーティーにしましょう。

お酌をする際のちょっとしたマナー

グラスが空いていたら「お注ぎしましょうか」や「何か飲まれますか?」などと声をかけると、気遣い力をアピールできます。お酌をする際はいくつかポイントを押さえておくと良いでしょう。

ビールのお酌

瓶の中ほどを右手で持って、左手を軽く添え、瓶のラベルが上に来るように持ちます。手の甲が上に来るように注意してください。左手で瓶を持って右手を添えるのは「逆手の逆注ぎ」と言い、刀で相手を切る時と同じ意味合いがあるとしてマナー違反とされています。

日本酒の場合

お調子は右手で持って左手を添えます。注ぎ口のないお調子は絵柄を上にしましょう。
盃に入れるのは八分目程度。注いでいただくときは、盃を手に持ちます。置いたまま注ぐのは「置き注ぎ」というマナー違反になります。

ワインの場合

一般的にはワインを注ぐのは男性の役割とされますが、カジュアルなお店ではお互いに注ぎ合うのも良いでしょう。注いでもらうときは、グラスはテーブルに置いたままにします。手を添える必要がもありません。

飲めないときの断り方

もう充分飲んだというときは、「もう結構です」と言いながらグラスの上を手で覆うと飲まないという意図が伝わりやすくなります。
まったくお酒を飲まないという意思表示をしたいときは「今日は車で来ているので、飲めないんですよ」という断り方がスマートでしょう。ただ、今後も連絡を取り合いたい方であればウソをつかず、正直に「もともと飲めないんです」とお伝えするのも良いかもしれません。相手に合わせて、いくつか答え方のパターンを考えておくと、相手を不快にさせずに断ることができるようになりますよ。

婚活いろは たしなみ講座

イベントカレンダー

・・・イベント集中DAY(複数件)

・・・イベントがある日

イベント一覧を開く

はじめての方へ

初めての方も安心して参加できる秘訣 教えます!

詳細を見る

婚活レポート

レポートも随時公開予定!

レポートも随時公開予定!

今後レポートも公開予定です!お楽しみに♪

このレポートを読む

ライフプランニング応援サイト