婚活いろは たしなみ講座

お付き合いのたしなみ

メッセージ、メールの書き方(男性編)

メールやメッセージを送り合えるアプリは婚活において重要なコミュニケーションツール。お相手と絆を強めたり、自己アピールにつながったりもしますが、使い方次第ではぎくしゃくしてしまうことも。メールのマナーやポイントを知って、お相手との距離を縮めましょう。

メッセージ、メールの書き方(男性編)ポイントは

  • 読みやすさを意識
  • 相手がツッコミやすい内容を
  • 長文になりすぎないこと

メールで重視されるのは何よりも「読みやすさ」が大事

細かな文字がびっしりと詰まっているメールは読みにくいものです。適度に段落分けをし、相手の読みやすさを意識しましょう。また、漢字が多いと堅い印象を与えがちなので、適度にひらがなを使うのも良いでしょう。

会話がはずむ書き方をしよう

メールやメッセージで質問されたら、相手が掘り下げやすいような返答を返すとコミュニケーションが続いていきます。好きな食べものは?と聞かれたなら「辛いもの」ではなく「台湾ラーメン」などと具体的な答えを返すと、相手も「オススメのお店はありますか?」などと話題を掘り下げやすくなります。

長文は避ける

くどい長文メールは敬遠されます。特に、最初のメールはつい気合が入りそうなものですが、あっさりと短めにしたほうが良いでしょう。長い・短いの判断基準は相手に合わせると良いでしょう。相手と同じか、少し少ないくらいの文字量で送ると好感を持たれやすくなります。

これはLINEなどのメッセージでも同じこと。アプリによるメッセージ交換は短文をポンポンと返し合うようなやりとりがなされることが多いので、長文で重い内容を送ると相手をびっくりさせてしまうことも。こちらも、相手の間隔に合わせると良いでしょう。

頻度は相手にとって負担にならない程度

送る頻度も迷う方が多いポイントです。メールやメッセージが届くと通知が出設定にしている人も多いので、お相手が会社員であれば真夜中や朝方などは避けたほうがベターでしょう。また、相手はすぐにチェックしない可能性もあります。返信を催促するようなメッセージを連投しないことも大切です。

絵文字やスタンプについて

絵文字やスタンプに抵抗がある男性は少なくありませんが、適度に使えば文字以上に気持ちが伝わることもあります。許容できる程度で使ってみると良いでしょう。

ただしお相手とまださほど親しくない状態であれば、ハートやキスマークといった絵文字、スタンプを送られると引いてしまう女性も。笑い顔の顔文字であれば、どんな方でも使えるはずです。相手との関係性を考えて、適度に使うと良いでしょう。

婚活いろは たしなみ講座

イベントカレンダー

・・・イベント集中DAY(複数件)

・・・イベントがある日

イベント一覧を開く

はじめての方へ

初めての方も安心して参加できる秘訣 教えます!

詳細を見る

婚活レポート

レポートも随時公開予定!

レポートも随時公開予定!

今後レポートも公開予定です!お楽しみに♪

このレポートを読む

ライフプランニング応援サイト