婚活いろは たしなみ講座

お付き合いのたしなみ

メッセージ、メールの書き方(女性編)

メールやメッセージを送り合えるアプリは婚活において重要なコミュニケーションツール。お相手と絆を強めたり、自己アピールにつながったりもしますが、使い方次第ではぎくしゃくしてしまうことも。メールのマナーやポイントを知って、お相手との距離を縮めましょう。

メッセージ、メールの書き方(女性編)ポイントは

  • 礼儀正しさと感情表現のバランスが大事!
  • 幼稚なメールにならないように
  • 女性からのお誘いメールも嬉しいもの

あいさつは必須!

「おはようございます」「おつかれさまです」などと、挨拶や相手を気遣う言葉を最初に入れるようにしましょう。堅い感じがするかもしれませんが、婚活では礼儀をわきまえて接すると好感を持たれやすいのです。

少しオーバーな表現も◎

礼儀正しいことは大切ですが、硬すぎる表現ばかりでは冷たい人と思われてしまうことも。嬉しさや感謝の気持ちを伝えるときは、少しオーバーに表現してみると良いでしょう。「今日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました」よりも「忙しい中、ありがとうございました!楽しくてあっという間でした」と書いたほうが、相手に気持ちが伝わりやすいでしょう。

年相応の言葉遣いを

ある程度打ち解けてからなら良いかもしれませんが、ネットスラングの多用やティーンエイジャーが使うような言葉、絵文字を使うのは控えたほうが無難です。

LINEのようにスタンプを送る場合は、何個もスタンプを連投したり、下品なスタンプを選ばないようにしましょう。

メールやメッセージを送る時間

電話ほど気を遣う必要はないメールやメッセージですが、届いたことを通知する設定にしている人も多くいます。お相手が会社員であれば、深夜までダラダラとLINEのやりとりを続けたり、夜中にメッセージを送ったりはしないほうが良いでしょう。夜のメールはつい、感情的になりやすい傾向もあります。思った以上に重たいメッセージを送ってしまうことにつながりかねません。

上手なお誘いメールは?

男性からお誘いされるのは嬉しいことですが、女性からのお誘いも同じように、男性にとってかなり嬉しいものであるようです。興味があるお店や名所があるなら、ぜひメールでお誘いしてみてはいかがでしょうか。

最初からお店や日時を決めてしまうと、相手の都合に合わないことも。「◯◯に一緒に行けたらと思うのですが、最近ってお忙しいですか?」などとお声がけをし、やりとりしながら具体的なプランを立てていくと相手も応えやすいでしょう。

会った後、お礼のついでに次のお誘いをイメージさせるような一文を入れるのも、相手に嬉しい期待を抱いてもらうことにつながります。「今日は楽しかったよ。また美味しいもの食べに行こうね」などと、相手が誘いやすくなる糸口を作ってあげてみましょう。

婚活いろは たしなみ講座

イベントカレンダー

・・・イベント集中DAY(複数件)

・・・イベントがある日

イベント一覧を開く

はじめての方へ

初めての方も安心して参加できる秘訣 教えます!

詳細を見る

婚活レポート

レポートも随時公開予定!

レポートも随時公開予定!

今後レポートも公開予定です!お楽しみに♪

このレポートを読む

ライフプランニング応援サイト